スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型DS(ニンテンドー3DS?)の情報が公開されたわけだが・・・

2010/03/24 04:23
インターフェイス変えた程度でゲームが変われるとでも?
それに旧石器技術3D眼鏡(12,000円)で追随するソニーよりはまだいいが。

任天堂はハードウェアメーカーとしては間違いなく世界一、二位(Appleがいる)だが、
ソフトウェアメーカーではない。 サンプルを提供してるだけである。

何をするための道具なのか。 それが定まっていない。
遊ぶだけなら方法は何だってある。 それは任天堂が一番よくわかってることだ。
電源の要らない遊びや体を使った遊びがあればわざわざ、
指を痛めてまで陰気な遊びで時間を潰すのは愚か極まりない。

そんな狭いゲームを視覚的に立体化したところで子供騙しである。
まぁ、モンスター倒す作業を何百回やってスカっとするとかいった脳筋よりはいいが。

国内でWiiが流行らないのには幾つか理由がある。
①家族間の繋がりが核家族などで崩壊していること。
②マナーを念頭に置くあまりに悪ノリしないこと。
③新しい驚きに対して素直でないこと。
④創造力と開拓心の欠如。

①まず、海外は家族愛が凄い。 家族でLAN繋げて撃ち合ってたりなんてこともある。
だが日本は仕事に疲れた夫と中途半端な暇を持て余しつつ急ぐ妻、
そして暇を勉学で消耗しなければ格下げされてしまう息子。
海外の勤務時間は日本の半分程度である。 日本は家族が会話する隙さえ満足に無い。

②リモコンを振り回して対戦したりするのは勢いがいる。
しかし日本人は誰の物とも知れぬWiiでボーリングを始めたりはしない。
それはゲームで遊ぶのが目的ではなく手段であり、目的は交友のためだからだ。
だから質で撰ばず、人で作品を選ぶ。 ゲームに価値なんて感じちゃいない。

③教育の水準が高いために無駄にプライドがあり、知識が豊富なこともある。
それが逆に驚きに対して反発し、自己を高みに上げるために逃避する。
ゲー速では3DSの裸眼立体視を2005年に枯れた技術だと叩いてるやつがいる。
言うだけなら誰でもできる。 なまじできた可能性があるだけにそれが害になるのだ。

④ゲームは材料である。 素材である。 完成品ではない。
人がプレイして感じて反映されて初めて完成される人間の部品である。
プレイするという行為は遊びの『開拓』と『創造』だ。
敷かれたレールを走るしか能が無い後進発展途上者は遊ぶことさえできない。

どうだ?
Wiiに限らず日本人はゲームで遊ぶ時間も、余裕も、心も、何も持ち合わせていない。
いや、持っている奴等がいたな。 VIPPERを代表とするニートと快楽主義者だ。

些細なインターフェイスだけで事情が変わったらもっと早くに変わってるわ。
家族と一緒に時間を過ごすならジブリアニメとかマジお薦め。
人間というハードウェアには最高級のソフトウェアだ。
ゲームだけがソフトウェアだと思ってたら、幅広い分野で生き残れないぜ?
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。