スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石PCの糞メモリが逝ったわけだが…

2010/03/17 08:19
Win2000は64MBでも資源を交換しながら動く。 三菱製64MBメモリ(笑)
W2kに必要なのは150MB、XPが300MB、Vistaが600MBなのだが本当にそれは必要なのだろうか。

突如、1000万円渡されたとする。
社会の底辺ならギャンブルで朝鮮半島に送るだろう。
金持ちならマンションの部屋を買って使い切るだろう。
貧乏人は安物買いの銭失いでいつのまにか空になっていくだろう。

こういった衝動的な事象に対する反応と結果はすでに万国で研究し尽くされている。
では、その1000万円を効率良く使うことができる賢者はどんな結果を出すのだろうか?

賢者はそんな物が手元にあっても必要最小限の資源しか使わない。
金遣いが荒くなって最終的に金欠るなんてのは愚者の極みだからである。

逆に、必要最小限の資源しか使えない環境を用意すれば人は賢く生きようと適合する。
巨額な権利と賢さ、その両方を手に入れた者が最小の資源で最大の幸福を作り上げることができる。

政治家は愚者のイメージが強い、それは市民から盗った金で私物を買ったり朝鮮に金を寄付するからだ。
しかし、真の政治。 元よりあるべき政治の姿というのは賢者でなくてはならない。
最大の資源で最大の不幸を作り上げる北朝鮮と日本の反日国会は愚の骨頂である。

デジタル世界を構築する『ゲーム』は人にお金の使い方をシミュレートしてくれる。
その結果、新世代の、未来の若者はとても賢く優れた人間になっていくのだ。

例大祭には行けなかったんだぜ^~^
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。